地域によって違う葬式

私が生まれた地域と今、住んでいる地域の葬式には違いがあります。
今住んでいるところで付き合いで参加した時に戸惑いを感じました。家庭を持っていたので、表面上は平静を保ったつもりでした。

私が生まれた地域では、通夜があり次の日が葬式はどこでも変わりありません。葬式の前に火葬します。必ず火葬してからです。
式後に親族がもてなしての宴会もしくはお食事会があります。きちんと司会がいて、親族の挨拶や親しい人の挨拶が行われてからお食事会です。今住んでいるところは、拝んだら、別室で並べられているお食事を最低3品食べて帰る形式でした。また、私が生まれた地域は、式場の外にも造花の大きな花輪が飾られます。花輪の数でその家の格がわかるような豪華な感じの葬式でした。

地域によって色々な形式があります。今は、派手でなく質素に、また、家族だけでこっそり葬儀をしてから皆さんにお知らせする方法をとる方もいます。これからもっと、葬式の形式も変わっていくと思います。