葬儀

出前を葬儀に応用して考えてみると

出前のようなサービスは、私たち消費者にとってはとてもありがたいサービスです。こちらから出向かなくても商品を確実にいただけるようなもので、非常に便利だということは誰にでも簡単に想像できるはずです。そのようなサービスを、今後は葬儀にも応用していくことが求められています。これは、社会が確実に進歩しているからでると言われており、それに伴って私たちが社会に求めることも大きく変化するからです。一見すると、出前みたいなサービスを葬儀に当てはめることが不可能のように感じます。しかし、それは本当に不可能でしょうか。何かを上手に工夫することによって、なんとか実現可能なサービスに成長させることはできないでしょうか。このようなことを、今後は私たち自身が考えていく時代でもあるわけです。ただ単に便利なサービスを利用する立場だけでは、これからの社会に適応することはできなくなります。新しく斬新な発想を抱くと共に、行動力があるかどうかがカギになります。