岩手県の葬儀の特徴

岩手県の葬儀では、釜石市などでは通夜に僧侶による読経を行わないことが多いです。通夜が開始される時間は決まっていなくて、弔問客が自由に出入りすることもあります。
内陸部は臨終〜葬儀まで数日間あけて、その間に何度も通夜を営みます。
ほとんどの地域では、葬儀と告別式の前に火葬を行います(前火葬)。
納棺のときに参列者がずた袋に小銭を入れるという風習が残っている地域もあります。他の都道府県でも三途の川の渡し賃として六文銭をかたどったものや印刷した紙を入れることがありますが、岩手では参列者が小銭を持ち寄ってずた袋に入れるのが普通です。これも三途の川の渡し賃として入れます。
あの世でお金に困らないように故人に持たせるという意味合いが込められています。
岩手県の葬儀と一口にいっても、地域でまったくやり方が異なることが多いです。自治体やお寺の違いによって形式が変わってくることもあるので、事前にチェックしておく必要があります。