葬儀

葬儀をなぜ行うのか

私達は家族が亡くなった場合、近い家族が喪主となり葬儀を執り行います。
しかし、なぜ葬儀を行うのかと疑問に思う人もいるかもしれません。

多くの場合は人が亡くなったら葬儀を行うのですが、別に法律でしなければいけないと定められているわけではありません。そのため、行わなかったとしても法的に罰せられるということはありません。

ただし、人が亡くなった際に家族がすることが3つあり、それは社会的な手続き、遺体の処理、死者の弔いです。
社会的な手続きは死亡届の提出がそれにあたり、遺体の処理と死者の弔いが葬儀にあたります。
日本では多くの場合は仏教、そしてキリスト教や神道式というものもあり、今は宗教色ない式が行われることもありますが、どれも生前に親交があった人が集い、故人を偲び弔うことが目的とされ、また火葬を行うことで遺体の処理が成されます。
また、葬儀を行うことで社会的な意義だけでなく、遺族にとっては大切な家族を見送る精神的な意義があることとも言えます。