お葬式

葬式に求めるもの

葬式とは、元々どういう物かと疑問に思う人は少なくないです。昭和の初め頃は、国民の一般的な葬儀は家族や親戚、友人などが集まって、それぞれが故人の事を思い出し、時には、涙を流し質素に行っていました。
元々たいした処理など無いのですから、特に高価な物を使う必要もなく、高額な手数料を請求する人物が登場する事もありませんでした。しかし、昭和の中期頃から、葬式の様子が変わってゆきます。葬儀社の登場により、葬儀社を利用する遺族が増えてきました。それに連れてお金がだんだんかかるようになり、今では、お葬式と言えば、大変な出費と言う事になり、故人への思い出所では無い方々もいらっしゃいます。葬式は年々良くなっていってるのか?年々悪くなってて、我々の望む方向とは、逆方向に進んでいるのではと、感じずにはいられないと言えます。
葬儀の本質とは何か?という原点に返ってシンプルな葬式を、目指すという選択肢も重要な選択肢です。